健康とは何か②

前回はWHOの健康とは何かを書きました。

今回は東洋医学的な健康です。

 

〇東洋医学的な健康

東洋医学的な健康は、「鍼灸ってどうして効くの?」で書いたように、

 

「気が順調に循っている状態」

 

だと考えています。

病気は、“気を病む”と書きます。

気の流れが悪くなった状態のことを病気といいます。

症状のあるなしではありません。ここはWHOと同じですね。

気の流れが悪くなった結果出るのが症状なのです。

 

生活習慣の乱れ⇒気の流れが悪くなる⇒症状が出る

ここから病気

 

また病は気からという言葉があります。これは元気だと思っていれば元気でいられるといった精神論、根性論ではありません。気の流れが悪くなると病が起こりますよという意味なのです。

 

次回は私が考える健康です。