健康とは何か③

前回は東洋医学的な健康とは何かを書きました。

今回は私が考える健康です。

 

〇私が考える健康

私が考える健康とは、

 

「穏やかでいられること」

 

だと考えています。

 

生きていれば良いことも悪いこともあります。

しかし、それらとうまく付き合い、総じて穏やかに微笑んでいられることが健康だと考えています。

 

ドイツの文豪ゲーテの言葉にこういうものがあります。

 

「人間最大の罪は不機嫌である」

 

これはどういうことか例を見ましょう。

 

ある男二人がケンカをしました。怒りが収まらないまま、一人は会社へ行き、一人は帰宅しました。会社へ行った男は、部下に対して強く当たりました。部下も怒りが湧いてきて、同僚に強く当たってしまいました。帰宅した男も、子供に対して強く当たり、子供も怒りが湧きます。その子供もイライラして学校でケンカをしました。

 

感情というものは連鎖します。不機嫌や怒りが連鎖し続けることで、社会全体が不機嫌な空気に包まれてしまいます。こういう意味で、不機嫌が最大の罪であると言っていると、私は考えています。

 

鍼灸で気の流れを整えることにより、穏やかでいられるようになります。

その穏やかさを連鎖させることで、社会全体、また世界全体が穏やかさで包まれ、世界を平和にすることだってできると思います。

 

最後は話が逸れてしまいましたが、以上が私の考える健康です。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

現代医学とは違う考え方・治療方法ですが、少しでも興味を持って頂けると嬉しいです。

そして何か症状が出たときに、鍼灸も選択肢に入ればと思います。

 

次回のブログもよろしくお願い致します!

 

~人生が変わる鍼灸を~