治療例 腰痛、肩こり、花粉症

30代男性

 

[現病歴]

5年前から腰痛になった。曲げ伸ばしの時が一番痛む。ときどきマッサージに行くが、翌日には痛みが戻る。年々痛みが強くなってきている。

肩こりも5年前から。石が乗っているような感じ。

花粉症は2年前から。鼻水と目のかゆみが強い。薬を飲んでいるがつらい。

 

[診断]

睡眠不足による肝陰虚

 

[治療]

証:肝虚肺虚証 左適応測

左太衝、太谿に補法。右太淵、太白に補法。

背中に散鍼。

命門に知熱灸3壮。

 

[治療後]

腰痛と肩こりが3分の1くらいになった。

 

[養生指導]

11時には布団に入って目をつむる。

 

[治療2回目]

腰痛と肩こりは少し戻ったが、最初の半分くらいの痛み。

花粉症は少し楽になった。

治療内容は知熱灸を2壮にした以外は同じ。

治療後は腰痛と肩こりは少し違和感が残る程度になった。

 

[治療3回目]

腰痛と肩こりはほとんど良い。

花粉症は薬を飲まなくても我慢できるくらいになった。

治療は知熱灸を1壮にした以外は同じ。

 

[治療4回目]

気になる症状は無くなった。

治療は肝虚証 左適応測で、左太衝、太谿を補法。背中を散鍼。

今回で治療は終了とした。

 

現在は体調管理として、月1回来院している。

 

[解説]

この患者さんは、睡眠不足による身体の弱りによって症状が起きていました。

治療は、その身体の弱りを補うことを中心に鍼とお灸を行いました。

弱りの程度は軽く、睡眠もお願いした時間に寝て下さいました。そのため弱りが早く取れ、早期の症状改善に繋がりました。