夏の養生

今年は5月5日が立夏です。

ここでは春の養生に続き、夏の養生を黄帝内経素問より見ていきましょう。

 

黄帝内経素問 四気調新大論篇より

夏三月、此れを蕃秀と謂う。天地の気交わり、万物華さき実る。夜に臥し早く起き、日を厭うことなかれ。志をして怒ることなからしめ、華英をして成秀せしめ、気をして泄らすを得さしめ、愛する所をして外に在るが若くせしむ。此れ夏気の応、養長の道なり。これに逆らえば則ち心を傷り、秋に痎瘧となり、収に奉ずる者少なく、冬至らば重ねて病む。

 

清明堂訳

夏の三か月は万物が繁栄する季節で、天の気と地の気が上下交わり、万物が花咲き実る時期である。夜は日が暮れたら寝て、夜が明ける前に起きる。夏の暑さを嫌がらないようにする。精神的には怒らないようにし、気持ちを愉快に保つ。身体的には、花が満開に咲くように、体内の陽気を発散できるようにする。これが夏に適した養生法である。これに反すると心の働きが悪くなり、秋に咳の病が起こり、それでも治らなければ冬にも病が起こりやすくなる。

 

夏の養生まとめ

  • 暑さを嫌がらない
  • しっかり汗をかく
  • 怒らず、愉快な気持ちでいる
  • 鍼灸で体調を整える

 

以上が夏の養生です。

夏はクーラーの影響で身体が冷えている方、涼しいところにいて汗をあまりかかず、身体に熱が籠ってしまう方が増えます。無理のない範囲で暑さを感じ、汗をかくようにしましょう。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

現代医学とは違う考え方・治療方法ですが、少しでも興味を持って頂けると嬉しいです。

そして何か症状が出たときに、鍼灸も選択肢に入ればと思います。

 

次回のブログもよろしくお願い致します!

 

~人生が変わる鍼灸を~