腰痛の原因①

今回は腰痛の原因について書いていきます。

 

まず西洋医学では腰痛をどう考えているのか。

 

腰は腰椎という5つの骨が積み上げられて構成されています。

腰痛とは腰椎、または腰椎の高さの筋肉などの組織に炎症などの症状が起こることで発症します。

厚生労働省のH28年国民生活基礎調査によると、腰痛は男性で1番目、女性で2番目に訴えの多い症状で、年々増加傾向にあるようです。

 

腰痛の原因ですが、病院で原因を特定できるものはわずか15%と言われています。代表的なものは、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などでしょうか。

その他の85%はレントゲンなどの検査をしても、原因が特定できないと言われています。

実際に腰痛で病院に行ったが、検査をしても何もなく、電気をかけたり、湿布を貼っているという方も多いのではないでしょうか。

 

病院での治療の基本は保存療法です。保存療法とは、手術以外の治療法のことです。

痛み止めなどの薬物療法、ブロック注射などの神経ブロック療法、運動やマッサージなどのリハビリテーションが主な治療法です。

 

次回は私が腰痛をどう考えているかを書いていきます。

ぜひご覧ください。