MENU

鍼は痛くありませんか?

鍼は髪の毛程の細さの物を使い、非常に浅く刺します。
そして痛くなく刺す訓練を積んでいますので、鍼を刺すことによる痛みの心配はありません。鍼が怖いという患者さんにも安心して治療を受けていただいております。

お灸は熱くありませんか?

お灸は艾(もぐさ)を米粒の半分ほどにひねったものか、直径1センチの円錐形に作ったものを皮膚の上に置いて燃やします。
どちらも温かいと感じるくらいで取るので、熱さはありません。

鍼灸は症状がある所にするんですか?

全身のバランスを診ながら鍼をするため、症状がある所のみに鍼灸をするということはありません。

妊娠していても鍼灸をしていいですか?

鍼灸は妊娠中に起こる諸症状(つわり・腰痛・むくみ等)に有効であり、安産にも繋がるため、積極的に受けていただくべきだと考えております。

産後のケアに行きたいのですが、子供も連れて行ってもいいですか?

もちろん大丈夫です。一緒にベッドに寝たり、足の間に座らせて治療することができます。
少し大きいお子さんだとベッドの周りで遊んでいる子もいらっしゃいます。

乳幼児でも鍼灸を受けられますか?

乳幼児には鍉鍼(ていしん)という刺さない鍼を使って治療いたします。
最初は泣いていた子も、2回目からはニコニコしながら治療を受ける子が多いです。お灸は行いません。

感染の心配はありませんか?

お1人に使った鍼はすぐに廃棄しますので、感染の心配はありません。

どのくらいの頻度、期間通えばいいですか?

治療頻度や期間はその方によって異なります。週1~2回からで、症状が軽くなっていくに従い間隔を開けていくように勧めております。
治療後に治療頻度をお話ししますので、いらっしゃれる範囲でいらしてください。

鍼灸は何に効くんですか?

はりきゅう清明堂では「自然治癒力を最大限発揮させて病を改善させる」治療を行っていますので、頑固な痛み以外にも以下のような症状に効果があります。

・冷え性、生理痛、頭痛に悩んでいる。
・アトピーや喘息、花粉症などアレルギーを治したい。
・不妊治療を続けているが、なかなか授かることができない。
・病院で検査をしたが異常はないと言われた。でも調子が悪い。
・出来るだけ薬は飲まずに症状を改善させたい。薬をやめたい。
・疲れやすい、よく眠れない。
・気分が落ち込む、イライラする。
・難病でまだ治療法が確立されていない。

またWHO(世界保健機関)でも多くの症状に鍼灸が有効であると認められています。

【神経系疾患】
 神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

【運動器系疾患】
 関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頸椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・
 外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

【循環器系疾患】
 心臓神経症・動脈硬化・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

【呼吸器系疾患】
 気管支炎・喘息・風邪および予防

【消化器系疾患】
 胃腸炎(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・十二指腸潰瘍・痔疾

【代謝内分泌系疾患】
 バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

【生殖、泌尿器系疾患】
 膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰痿

【婦人科系疾患】
 不妊・更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道

【耳鼻咽喉科系疾患】
 中耳炎・耳鳴り・難聴・メニエール病・鼻出血・鼻炎・蓄膿・咽喉頭炎・扁桃炎

【眼科系疾患】
 眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

【小児科系疾患】
 小児神経症(夜泣き、疳の虫、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹
 耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

どんな症状でもお気軽にお問合せ下さい。

©2015 はりきゅう清明堂 株式会社イクスループ なびこ