MENU

当院は、東洋医学の考え方を基にした伝統的な鍼灸術である、経絡治療を行っています。

経絡治療とは

東洋医学では、人間の身体には気血が流れており、気血が順調に流れていれば健康、また、どこかで気血が不足したり、渋滞が起きることで病気になると考えます。
その気血が流れている道を経絡と呼びます。
経絡治療では、経絡のどこで気血の不足・渋滞が起きているかを診察で見極め、鍼とお灸で整えます。
経絡の流れが順調になると、人間が持つ自然治癒力が最大限発揮され、病が改善されていきます。
症状のみならず、皆さんの身体自体を元気にする治療法です。
経絡を整えるのに、痛い鍼や熱いお灸は必要ありません。
皮膚に接触させる程度の非常に浅い鍼と、温かさを感じたら取る気持ちの良いお灸での治療ですので、安心して治療を受けることができます。
肩こり、腰痛などの身体の痛みだけでなく、内科系疾患、婦人科系疾患、皮膚疾患、小児科系疾患などあらゆる病に対応致します。

不妊や不育症の鍼灸
不妊に悩む方、妊娠はするが、すぐに流産してしまうという方への鍼灸も行っています。
上記のように、身体を元気にする治療法なので、妊娠しやすい身体作り、流産しにくい身体作りに最適です。
鍼灸を受けることで、体外受精等での着床率が向上したという研究結果もありますので、ぜひご相談下さい。

妊婦の鍼灸
妊婦の方への鍼灸も行っています。
古来より、妊婦の方への鍼灸は有効とされており、安産灸や逆子のお灸は非常に有名です。
妊娠中に鍼灸を受けることで、つわり、胎児の順調な成長、妊娠中毒症の予防、安産、母乳がよく出るようになるなど、多くの効果があります。
皮膚に接触させる程度の鍼なので、鍼が胎児に刺さるなどの心配はありません。
清明堂では、妊娠5ヵ月目より安産灸を行います。また9ヵ月目より出産準備のためのお灸を行います。
また出産がスムーズに終わることで、お母さんの負担が少なくなり、産後の肥立ちがよくなります。

小児鍼
当院は、生まれたばかりの赤ちゃんから治療を行っています。
小児によくみられる症状は以下の通りです。
疳の虫、夜泣き、乳吐き、おねしょ、消化不良、湿疹、落ち着きがない、発熱、咳など。
少し成長してくると、発達障害や、注意欠陥多動性障害、チックなどもみられます。
またアトピーや喘息、鼻炎などアレルギー性の症状を持つ子も増えてきていますね。
小児には、写真のような刺さない鍼で触れたり、撫でたりする治療ですので、痛いなどの心配はありません。
最初は泣いていた子も、治療を重ねるごとに、ニコニコと気持ちよさそうに治療を受けてくれます。

想像してみてください。
今ある痛みがなくなったら…
子供を授かることができたら…
あなたの『人生が変わる』と思いませんか?
痛くない鍼と気持ちの良いお灸で、
あなたの『人生が変わる』お手伝いをさせていただきます。

©2015 はりきゅう清明堂 株式会社イクスループ なびこ